SILKYPIX Developer Studio Pro 6 Betaの処理速度

SILKYPIX Developer Studio Pro 6 Beta と SILKYPIX Developer Studio Pro 5の現像スピードの比較をしてみた。

環境
CPU:Core i7 2770K
メモリ:16GB
システムはSSD,データはHDD

335枚のRAW(PENTAX K-5IIs)をバッチ現像

SILKYPIX Developer Studio Pro 5の所要時間:26分11秒

SILKYPIX Developer Studio Pro 6 Betaの所要時間:24分21秒

 

結論:誤差の範囲。
6は使い勝手が向上しているが、まだ挙動が安定していない。βだから仕方ないので製品版に期待。

現行ユーザに優待はあるのだろうか……

SILKYPIX Developer Studio Pro 6 Betaの処理速度」への3件のフィードバック

  1. SILKYPIXかぁ~。使った事ないですな~。
    LightRoomと比べて、ココが良いとかあれば、
    簡単に教えて頂けないでしょうか。
    名前は以前から知っているんですけどね^^;

    1. SILKYPIXはLightroomと比べるとPCのリソースを結構食います。高機能なPCであればフル活用出来ることが実感できます。
      操作性は慣れればどちらも使い易いですがSILKYPIXの方が直感的です。あと出力JPEGファイルの大きさが大きいです。
      画質は個人的にSILKYPIXの方が好きですが、写真の管理機能とフリンジの除去機能はLightroomの方が圧倒的に上です。
      参考になれば幸いです。

      1. 凄く判りやすくて参考になりました!
        なるほど~。
        私には少し早いかな、もう少々LightRoomを使いこんでみます。
        丁寧にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です