Skip to content

iGoogleガジェット公開しました


去る2009年7月2日に自作のiGoogleガジェットを公開しました。
Fusenという名前のガジェットです。
名前の通り、付箋です。
テキストエリアに文字を入れます。そうすると自動で保存されます。
ただそれだけですが、使い道は色々かと思われます。
iGoogleの使える環境であれば、どのPCからでも付箋の内容を閲覧編集できます。
iGoogleガジェットは仕様で、ガジェット一つにつきユーザが保存できるデータの量が2KBに制限されています。
なので、利用の際は2KB未満のテキストデータに抑えてください。
最悪の場合データが消えます。
Fusenを複数登録することも可能です。
GoogleのAPIはどんどん新しくなっていきますが、使えるものと使えないものが明示されていない場合が多く、よく混乱します。
今現在仕えるガジェットでも将来使えるかは不明です。
実際、使えないガジェットが出てきています。
私の作ったFusenは極力DOM標準を使って作ったので多分長持ちすると思います。というか長持ちしてください。

夏だからダウンクロック


昨日、PCが熱暴走をしたのでケースファンの回転数を上げました。
いくら負荷をかけても大丈夫になりましたが、うるさい。
そこでCPUのダウンクロックを試しました。
CPUは Athlon64 x2 6400+ です。
オーバークロックされて用いられることが多いCPUのようです。
今使っているマザーボードに乗る最上位のCPUなのです。
L2キャッシュが1MBというのが下位のAthlon64 x2との違いですね。
ファンの回転数を下げ、HWMonitorで温度を測りながらダウンクロック開始。
まずは15倍の3.0GHz
高負荷かけても大丈夫でした。
いやいやいや、いきなり終わりですか?
スーパーπで負荷をかけつつ、動画のエンコードをしてCPUを長時間酷使。
うん大丈夫だ。
クロック数はこれで決まりました。
次は電圧をどこまで下げられるか。
デフォルトが1.50Vだったので結構ガツガツ下げました。
1.20Vでちょっと不安になったので、その上の1.225Vで良しとしました。
そんな午前4時

Ads by でんでんアドネット
Author WordPress Theme by Compete Themes