Skip to content

Category archive for: PC

Thermal GrizzlyTG-CA-38-38-02-R 炭素繊維サーマルパッドを使ってみたレビュー

ドイツ Thermal Grizzlyのサーマルパッド「TG-CA-38-38-02-R」を買って使ってみました。

結論から言うと、「グリスの方がコスパが良い」です。

環境は

CPU:AMD Ryzen7 2700X

マザーボード:ASRock X470 MASTER SLI

CPUクーラー:虎徹Ⅱ

ケース:CoolerMasterCM694

ケースファン:ノクチュアのを5個

GPU:ASUS TURBO-GTX1080TI-11G をSLI構成

メモリ:16GBx2 3200MHz

です。

虎徹Ⅱに付属のグリスを使っていました。

でも、一部の温度が高く、ストレステストをパスできない状態でした。

怪しいのはグリスという情報を頂き、どうせなら新製品を使ってみようと思い、 Thermal Grizzlyのサーマルパッドを買いました。

温度は3DMarkで7℃ほど冷えました。

虎徹Ⅱ付属のグリス
Thermal Grizzlyのサーマルパッド

グラボのドライバのバージョンが違うのでスコアは比較できませんが、CPUの温度だけ見れば冷えていると思われます。

ただし、この製品のウリである再利用可能という点には注意が要ります。

まず、テンションを少しでもかけ過ぎると取り外したとき、一部切れています(AM4だけかもしれませんが)。エルミタージュにも同様の記事があります。

そしてペッタンコになって一部ボロボロになってしまいます。

ただの布なら問題ないのでしょうが、これは導電性があります。なのでマザーボードやその他の部品の短絡につながります。これは危険です。

なので、何度も付け替え可能で経済的だと思っても、かえって高くつく可能性があります。

虎徹Ⅱ付属のグリスよりも冷えますし、気をつければ何回かは使えます。しかし10回は使えないと思います。

私は2800円で買ったのですが、これならグリスを拭う手間とコストを天秤にかけると良いグリスを買った方が良いと思いました。

良い点は、スッポンが起きないことでしょう。これはかなり良いと思います。

まぁ、温めてからバラせば安全が増すのですけどね。

チャレンジャーの方は試してみても良いと思いますが、過度の期待は禁物です。

Windows10でのリモートデスクトップアプリ その2

Windows10でのリモートデスクトップアプリがWindows10アップデートで不具合解消という情報を得ました。

Windows10アップデートを一時間かけて行い、試したところ、ダメなままでした。クケー!

あ、だめなのはストアアプリのマイクロソフト謹製のリモートデスクトップアプリです。標準搭載の奴は正常に動きます。

なんだかなぁ……。天下のマイクロソフト様がこの様じゃなぁ……。

Windows10でのリモートデスクトップアプリ

Windows10でのリモートデスクトップアプリはマイクロソフト公式の奴は綺麗です。

でも、日本語配列じゃない。英字配列強制で無理らしい。

なのでGoogleリモートデスクトップアプリを入れたら、画質は悪いが、自然に使える。

公式が劣るってのはなぁ……

Ryzen7 2700Xがドライバでちょっと安定してきた

Ryzen7 2700Xがあまりにも不安定だったのでWindows10を入れ直したり。

結果はBS0D連発でしたので、ドライバをまっさらにしました。

その後、Windows10の更新でAMD系のドライバ入れたら嘘のように安定。1日つけっぱなしでも不具合は起きず。

 

前はFirefox起動しただけで落ちたりしたのでこの差はなんでしょうね。

犯人はわかりませんが、ドライバが怪しかったですね。

Ads by でんでんアドネット
Author WordPress Theme by Compete Themes