Skip to content

Category archive for: ガジェット

Thermal GrizzlyTG-CA-38-38-02-R 炭素繊維サーマルパッドを使ってみたレビュー

ドイツ Thermal Grizzlyのサーマルパッド「TG-CA-38-38-02-R」を買って使ってみました。

結論から言うと、「グリスの方がコスパが良い」です。

環境は

CPU:AMD Ryzen7 2700X

マザーボード:ASRock X470 MASTER SLI

CPUクーラー:虎徹Ⅱ

ケース:CoolerMasterCM694

ケースファン:ノクチュアのを5個

GPU:ASUS TURBO-GTX1080TI-11G をSLI構成

メモリ:16GBx2 3200MHz

です。

虎徹Ⅱに付属のグリスを使っていました。

でも、一部の温度が高く、ストレステストをパスできない状態でした。

怪しいのはグリスという情報を頂き、どうせなら新製品を使ってみようと思い、 Thermal Grizzlyのサーマルパッドを買いました。

温度は3DMarkで7℃ほど冷えました。

虎徹Ⅱ付属のグリス
Thermal Grizzlyのサーマルパッド

グラボのドライバのバージョンが違うのでスコアは比較できませんが、CPUの温度だけ見れば冷えていると思われます。

ただし、この製品のウリである再利用可能という点には注意が要ります。

まず、テンションを少しでもかけ過ぎると取り外したとき、一部切れています(AM4だけかもしれませんが)。エルミタージュにも同様の記事があります。

そしてペッタンコになって一部ボロボロになってしまいます。

ただの布なら問題ないのでしょうが、これは導電性があります。なのでマザーボードやその他の部品の短絡につながります。これは危険です。

なので、何度も付け替え可能で経済的だと思っても、かえって高くつく可能性があります。

虎徹Ⅱ付属のグリスよりも冷えますし、気をつければ何回かは使えます。しかし10回は使えないと思います。

私は2800円で買ったのですが、これならグリスを拭う手間とコストを天秤にかけると良いグリスを買った方が良いと思いました。

良い点は、スッポンが起きないことでしょう。これはかなり良いと思います。

まぁ、温めてからバラせば安全が増すのですけどね。

チャレンジャーの方は試してみても良いと思いますが、過度の期待は禁物です。

スマートウォッチ Withings Steel HR Sportのファーストインプレション

久しぶりのガジェット記事です。

ブツは「Withings ウィジングズ HWA03B-40BLACK-SPORT [スマートウォッチ Withings Steel HR Sport]」です。

人生二個目のスマートウォッチです。人生一個目は酷い製品に当たったので、二個目は慎重に選びました。

ヨドバシカメラの店員さんに色々相談して購入しました。ヨドバシカメラは6月末まで、カード会員になれば20%ポイント還元なので買うならヨドバシカメラにしましょう!(もはやヨドバシカメラの回し者)

でもって、内容紹介。

私の購入条件は、

・電池持ちが良い

・軽い

・睡眠記録

・リマインダー機能

でした。

初めはFitbitをお勧めされたのですが、心拍機能ありなしで価格が二倍の差があり、うーむと思いました。

二個目に勧められたのはHUAWEIのでしたが、Android端末で使えなくなる可能性を考慮してスルー。

友人がWithingsというメーカーを教えてくれて調べたら、ボタン電池で八ヶ月動くという驚きの代物を出しているメーカー(元ノキア)でした。

当初はその Withings の一番廉価な製品にしようと思ったのですが、リマインダー機能が無かったので一時停止。睡眠が浅いときに振動する機能はあるので何とか振動を任意に出来ないかネットを駆使して調べました。APIとか公開されていたのですが、どうやらGET系のモノしかなかったので断念。

で、価格が2倍位するWithings Steel HR Sportを選びました。

50m防水、睡眠記録、25日電池駆動、心拍センサー、そして振動機能。

メールやTwitter、着信などを振動で教えてくれるので、リマインダーアプリを自作してやる勢いで買いました。ヨドバシカメラで¥27,950(税込)でした。ヨドバシカメラで買いましょう! 20%ポイント還元!(もはやヨドバシカメラの回し者)

で、実際、使ってみた感想。

セットアップは簡単でした。時計の針が二本と活動の目標率の針がありまして、その補正をしました。最初、長針と短針が12時なのにズレていて「うーん」と思ったのですが、そこはデジタルガジェット、スマートフォンを使って補正しました。そしてファームウェアのアップデート。大体10分位でした。

腕に付けた感想は軽い。ベルトがしなやか。盤面が大きいのに手首の邪魔になる感覚が少なめです(私が大柄な男なので個人差はあると思いますが、腕が細い人でも結構大丈夫だと思います)。

心拍センサーは実際との乖離は少なめなので良好です。運動時は分かりませんが、 安静時の表示される心拍数は実際の心拍数とほぼ同じでした。

で、肝心のリマインダー機能をスマートフォンから選ぼうとしたら、なんとスマートフォンに入っている通知機能のあるアプリがほぼ全部選べるようになっていました。つまり、目覚まし時計系のアプリを入れればリマインダー機能の恩恵が簡単に受けれられるとのこと。自作する必要ないね!

GPSはスマートフォンのを連動させるので、これ単体では機能しません。あと、スマートフォンの電池の減りが3割増しくらい早いです。これだけ不満ですが、原理や機能を考えたら仕方ないです。

運動の種類は約50種から選べて、私は「ウォーキング」「ランニング」「サイクリング」を上に持って来て選びやすくしました。

メールやTwitterもタイトルや差出人を盤面で確認出来るので重宝しています。日本語対応なので大満足。

時刻は日と曜日(英語)、時分がわかります。秒は分かりません。

通知はスマートウォッチ側でOFFできるので、寝るときはOFFにして、メールに邪魔されず寝ることができます。

睡眠の判定は心拍センサーで行うらしいです。昨日一昨日の睡眠時間が3時間と表示されて、もっと寝ましょうと言われました。実際は1.5倍近く寝ているのですけれども、心拍数から言えば3時間程度らしいです。

バッテリーは買ってから一度も満充電していませんが今、46%残っています。25日駆動は誇張ではない模様。

リマインダー機能はどうしても長くなりがちな長座を防ぐために必須です。

決して安い買い物ではありませんが、機能の良いスマートウォッチを探しているならWithingsのことも思い出してやってください。

多分、Amazonで買うよりも、ヨドバシカメラの20%ポイント還元考慮の方が安いと思います。カカクコムでもAmazonが最安判定ですし、ヨドバシカメラなら保証がしっかりしていますから。

相談に乗ってくださったヨドバシカメラの店員さん、ありがとうございました。

Bluetoothアダプタでアプリが落ちた-周波数干渉?

Bluetoothアダプタを使ってイヤホンで音楽聴いていたのですが、諸々のケーブルなどによって結構途切れていました。なので、PCケース前面のUSBにアダプタを指したのです。

結果、音楽は快適に聴けるようになりました。よかったよかった……

 

と思いきや、とあるアプリでとある機能を使ったら確実に落ちることが判明(15回中全滅)。

元の場所に指し直したらアプリは落ちなくなりましたが。

USB3とBluetoothは周波数で干渉するらしいですが、某アプリの某機能を使うときだけ落ちるのは納得いかなかったです。

まあ、原因分かったからいいけれど。安物のBluetoothアダプタだから悪いのか、環境が悪いのか。

 

風邪、大分良くなりました。頭痛と痰ぐらいです。多分、明日には全快してると思います。抗生物質が出てるので、最後までキッチリと飲みます。

 

皆様、風邪には気をつけましょう。

SDカードの容量表示でビビる

SandiskのSDカードExtremePRO128GBをPC間のデータ移動に使っていたら容量が32GBに変わっていました。Windows10のフォーマットをしても32GBのまま。

もしや偽造品か? と思いましたが、公式のフォーマッタ使ったら128GBに戻りました。確認のため、大量のデータ入れてみましたが、大丈夫でした。

いや、焦りました。決して安いモノではないのでビビりましたね。

ネット通販だと偽造品が結構出回っているようなので、信頼できるところから買いたいものです。

Ads by でんでんアドネット
Author WordPress Theme by Compete Themes