頭がよくなる魔法の速習法 を読んで

頭がよくなる魔法の速習法 (中経出版)を読んで感想とまとめ。

 

  • 既有知識た増えると新しいことを学びやすくなる。
  • 人間の脳には必要なものしか残らない。
  • 知らないことを明らかにする。
  • 目的を設定して報酬をセットする。目的はゴール。目標は道しるべ。手段は具体的行動。
  • パラパラ読みは効果がある。
  • 既有知識が少ない時は大まかに本を読む。同じ分野の本を四冊以上読む。
  • 通読の方が早い場合もある。
  • 振り返り思い出すことで記憶を強化する。
  • 本をページ順に読破する必要はない。
  • 何度かに分けて読む。

やはり速習・速読の本は似たことが書いてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です