覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 を読んで

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰

久しぶりに人に勧められる本。
帯に「不安と生きるか。理想に死ぬか。」書いてあり、惹かれて買った。
超訳本だから非常に読みやすい。

 

心-MINDの章は「動きながら準備する」
行動につながらない学問は無意味だと言っている。
大切なのは不安をなくすことではない、いかに早く多くの失敗を重ねることができるか。
「未来はいくらでも自分の手で生み出すことができる」

士-LEADERSHIPの章は「無駄を削ぎ落とす」
本当に大切にしたいことは何か。大切にしたいことのために、今できることは何か。

志-VISIONの章は「慣れ親しんだ場所から出る」
評判は傷ついても、生き方は傷つかない。生き方を傷つけるのは、自分だけである。

知-WISDOMの章は「負けん気を育てる」
物事には本質と枝葉がある。枝葉が知識なら、本質は「どう生きたいか」という志である。

友-FELLOWの章は「自分が先頭を切る」まずは自分から熱くなること。自分から動きだすこと。

死-SPIRITの章は「終わりを意識する」
死を意識すれば、人の”生”は否応なく正解を導き出す。

 

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かめし 大和魂

やはり行動が大切だ・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です