知性の磨きかた

知性の磨きかた (PHP新書)

「学問の愉しみ」では学生時代に、もっと知識ではなく方法を学べば良かったと痛感させられた。
著者の恩師のような先生は私の周りには居なかった。

「読書の幸福」では読書嫌いの人が増える理由が書いてあった。
しかし、それでも構わないというか自然なことであることが分かった。
私自身は幼い頃から本を読む方だったので読書嫌いの人の気持ちがあまり分かっていなかった。
著者はあまり読書をする方ではなかった。

「遊びは創造」では痛快に一般論を皮肉ってくれていた。
読んで良かったと思えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です