差がつく読書

差がつく読書 (角川oneテーマ21)

 

本の読み方を考えさせられた。
読書は実読と楽読に分けて考える。
すべての本は良書である。
たとえ自分には無価値に思えても、他人には有用かもしれないからだ。
音読は必要ない。
読むスピードが落ちるだけでなく、想像力も減る。
小学校の国語の精読、音読はあまりいいものとは思えなくなった。
実読は発信しないと意味がない。
一人の著者を読み込んで、だんだん守備範囲を広げていくと良い。

著者の樋口裕一さんの文章がとても巧い。
丁度良い長さで区切られている。
とても読みやすい。
実読が速効性のある本で、楽読がジワジワくる本という説明が良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です