夏だからダウンクロック


昨日、PCが熱暴走をしたのでケースファンの回転数を上げました。
いくら負荷をかけても大丈夫になりましたが、うるさい。
そこでCPUのダウンクロックを試しました。
CPUは Athlon64 x2 6400+ です。
オーバークロックされて用いられることが多いCPUのようです。
今使っているマザーボードに乗る最上位のCPUなのです。
L2キャッシュが1MBというのが下位のAthlon64 x2との違いですね。
ファンの回転数を下げ、HWMonitorで温度を測りながらダウンクロック開始。
まずは15倍の3.0GHz
高負荷かけても大丈夫でした。
いやいやいや、いきなり終わりですか?
スーパーπで負荷をかけつつ、動画のエンコードをしてCPUを長時間酷使。
うん大丈夫だ。
クロック数はこれで決まりました。
次は電圧をどこまで下げられるか。
デフォルトが1.50Vだったので結構ガツガツ下げました。
1.20Vでちょっと不安になったので、その上の1.225Vで良しとしました。
そんな午前4時

カテゴリー PC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です