今更ながら「Twitterの神々」を読んだ ~小沢一郎氏の強制起訴の結果~

今更ながら、Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わったを読んだ。

すいすい読める。

但し、全てを鵜呑みにしな方がいいと思った。
2010年12月に書かれた本であるから、現在(2012年4月末)とは状況が違う。

小沢一郎氏が強制起訴された結果が不明な状態だったので、無罪判決の結果が出た後でもう一度対談があったら面白いと思った。

ホリエモンこと堀江貴文氏を、個人的には好きではなかった。
しかし、少なくてもこの本の中だけでは共感させられる部分があった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です