フリーランスで食っていきたい! 池田園子

著者は楽天を経てフリーランスになったそうです。
但し、勤続年数は二年未満。
経験なし、実力なし、コネなしのないない尽くし。

しかし一年目から順調にフリーのライターとして活動していった経緯が書かれています。

子供の頃から日記を書いていたので「書ける」と思っていたようなのですが、実際は厳しかったようです。
なぜ順調に行ったかというと、勝てる土俵で戦ったからだそうです。

本書の後半には25個の「~力」という項目が書かれています。
他の本にも書いてあることですが、「変化力」という項目は惹かれるものがありました。
内容は「他人は変えられない。自分の方を変える。」というものです。

読んで後悔はしませんでしたが、定価は妥当かは疑問が残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です