ビジネスマンのための「発見力」養成講座 小宮一慶 著

人は何万回見ても見えないものは見えない。
発見力も発想力も、基本は同じ。他の人には見えていないもの見る力。
より正確に言うと、「見える力」。

まず、関心を持てば、全体像なり、何かが見えてきます。少なくとも見ようとする。
次に重要なのは「何を見るか」が分かっていること。
「判断基準」が分かれば、言い方を変えれば、こうでないかという「仮説」を立てれば、ものがよりはっきりと見えるようになる。

関心を持てば、ものは見える。
仮説を立てれば、ものは完全に見える。

見える力を養うには、他の人より少し余計に勉強する。
物事を根幹から考え、道具を使いこなし、知識を蓄え結びつける。
新聞はとても良い教材。
ふつうのものをたくさん見る
普通が分かれば異常が分かる。
万大解決を徹底して行い極める。
関心の幅を広げ奥行きを深める。
倫理観、価値観などの思想を持つ。
適切な仮説を立てるためにはその根幹となる正しい思想が大切。
思想があれば、物事の原理原則を見極めることができる。原理原則から、ものを見ることができるようになる。

1.先に要点を知る
2.ヒントを先に得る
3.分解する
4.情報を減らす
5.気付いたことをメモする
6.比較する
7.一部を取りかえる
8.視点を変える
9.複数で話す
10.素直になる

著者はメモをとることの重要性を説いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です