バカにならない読書術 を読んで

バカにならない読書術を読んで。

 

  • 人は知育、徳育、体育で成長する。
  • 日本語は脳を広く使う。
  • 漢字と仮名では脳の別の部分を使う。
  • 脳は全体を使い一極集中で鍛えてはいけない。
  • 読書はコミュニケーション。
  • くだらない本は存在しない。
  • 自分の専門に近い本は読まず、自分が考えもしなかった本が一番楽しい。
  • 小学校から英語を教えるなら聖書かシェイクスピアを読ませろ。
  • 村上春樹が文学賞の選考から落ちるのは作家たちが評価をしないから。

養老孟司さんの言葉は鋭いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です