どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 を読んで

どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
を読みました。
なかなか良い本。
以下要約、抜粋。


時間を把握する
やることを自分で把握している
メリハリを持つ

自分の調子のいい時間帯を見つけ、いかに作っていくか?
その調子のいい時間を最大限活用するために段取りをする習慣を付ける。
難しい問題、良質なインプットも調子のいい時間帯に行う。

やる気がでない本当の理由は目的、目標を持っていないから。

アウトプットはバリューとインパクト

時間力を阻害する誘惑は
・時間があること
・時間を決めないで残業する
・簡単な仕事を早くこなして仕事が出来ると勘違いすること
・適当に食える
・夜更かし、不摂生
・誰かが手伝ってくれるだろうという甘え症候群
・適当に仕事をする人をパートナーに選んでしまう

時間力を高めるコツ
・やるべきことを時間軸とともに正確に把握。空き時間を知る。朝一番、週一番、月一番にTODOを書き込む
・自分の事務処理能力を知る
・自分の調子の良い時間帯をもっとも創造的な仕事に当てる。いつも体調を高めておく
・常にやるべきことをたくさん持っておく
・何でもかんでもやろうとしない
・決まった時間に、毎日同じことをやれる時間を持つ
・事前の準備をする
・いつも少しだけ余裕を持つ
・予備時間を持つ
・正しい手帳を使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です